素材・道具 · 22日 3月 2019
日本画の材料となる絵具 その中で白い絵具は胡粉(ごふん)という名前 材料は牡蠣や蛤などを数年日光にあてて白くしたものを粉末にしたものです 学生の時はある程度塊になっていたものを自分でさらに粉末にしていましたが、今は粉末になった状態で買うことができます 楚里は上羽絵惣を使っています...

展示 · 19日 3月 2019
本日名古屋ジルダールギャラリーでの個展の搬出でした 多くの皆様に来ていただき、会場入りの日では作品の説明もすることができました 皆様ありがとうございました 作品を梱包しながら回を重ねながらも毎回初心にもどります 自分はこういう絵を描きたい、このような場所に飾りたいなどなど今の植物を描き始めた時を思い返しながら作品を梱包していました...

展示 · 17日 3月 2019
大宮そごうでのアートフェアspring ブースでの個展が開催、土日と会場入りしています 4点新作を追加しています その後、同じ会場で個展をされていた鹿間麻衣さんと、会場にいらっしゃった近藤隼次さんと池袋西武で行われている岡村智晴さんの個展へ...

素材・道具 · 16日 3月 2019
金箔をはって 金箔をはって 銀箔もはって 乾かして 金箔をはって 銀箔に錆止めをして 楚里の作品の大事な工程です こだわりの箔なので丁寧にはっていきます 箔と箔の重なりは少ない方がきれいです 楚里の作品は箔の重なりは2〜3mmくらい 工程で欠けたり、製造の段階で割れていたりするものもきれいに修正します

その他 · 10日 3月 2019
3/8.9.10に開催の東京アートフェアにいってきました 年に一度のフェア、全国のギャラリーがブースを構えて作家を発信しています 海外で活躍の作家から、日本国内で活躍、また若手作家まで幅広く現代アートと呼ばれる作品が特に多い印象 例年に比べて大きな作品を飾りインパクトを与えながら作家をコマーシャルするブースと...

和紙 · 08日 3月 2019
楚里の作品すべてに裏打ちという作業をしています 絵を描いてある和紙の裏側に別の和紙を貼り強度を増したり、パネルなどからでる灰汁から守る役割などがあります この裏打ちという行為は何度も行う(貼ったり剥がしたりすることにより)ことができ、その分絵を描いている作品(本紙)を守ることができ何百年にも渡り作品を守ることができます...

展示 · 05日 3月 2019
今日がそごう大宮個展最終日です 会場入りはしていませんが、2回目となる個展 前回とほぼ同時期、春を感じる個展にしようと 桜、ポピーを中心に飾りました また、3/14(木)から18(月)まで同じ7階、会場が催事場内でアートフェア2019スプリングに個展形式で作品を飾ります 入場無料で、楚里の作品をはじめ、物故作品から若手の作品まで幅広く飾られます...

展示 · 03日 3月 2019
3/3今日はそごう大宮での会場入りの日です また、今日は東京マラソン、そしてひな祭り 雨ですがしっとりとした空気に梅が綺麗に咲いていました (花粉も少なめ◎) そごう大宮ではポピーを多く描きました 金箔、銀箔、金と銀を半分づつ混ぜ合わせた金箔定色(シャンパンゴールド色)のポピーが並びます...

展示 · 27日 2月 2019
個展、グループ展が重なっていますが本日2/27(水)よりそごう大宮店で2回目となる個展が開催されます 今回はポピーをよりたくさん描きました 桜なども飾っています 会場へは本日2/27と3/3(日)の二日間、12時から18時ごろまでいる予定です 今回は3/2(土)は会場にいれないためご注意ください 詳しくはそごう大宮店個展ページをご覧ください...

展示 · 25日 2月 2019
金曜、日曜とジルダールギャラリーでの個展会場入りが終了しました 千葉へと帰ります 今回土曜日のみ、つくばで個展があり会場入りが金曜、日曜になってしまいました 今回もたくさんの方に会場にきていただけ、お話をさせて頂きました そしてたくさんの刺激を頂きました ハナミズキを主役とした春の展示、ハナミズキシリーズもどんどん進化できたらと思います...

さらに表示する